プロポリスとミツバチの巣

プロポリスは木が自身を守るための物質なのです。このため、抗菌力が有る成分で作られているのです。木は動物とは違い、動くことができません。そこで、物質を分泌して保護しているのです。それがプロポリスです。ミツバチは、このプロポリスをとってきて巣内を無菌状態に保つために使用しています。巣に外敵が進入したときにミツバチは蜂毒を使って外敵を殺します。その死骸は巣から外に運び出されます。ところが、死骸が大きすぎて外への運び出しが不可能な場合、死骸をプロポリスで覆ってしまいます。

これにより抗菌コートされるので雑菌が発生しません。ミツバチの巣箱内には、数万匹(ときには5万匹以上)のミツバチが集団生活しています。巣内は過密状態のため、常に巣箱内の衛生状態を保つ必要があります。もしもウィルスが発生したときには巣が全滅してしまうこともあるからです。